講師紹介

田口 真弓 (助産院もりあね院長)


看護師として、11年ほど内科、胸部心臓外科、消化器外科、循環器内科、外来、手術室など多岐にわたる臨床経験を得て、二人目を出産の後に心機一転、助産師を目指し進学する。助産学校の時に出会った開業助産師の仕事に惹かれて、産婦人科の臨床経験を得た後、平成7年に出張専門で開業独立する。平成9年に入院施設のある「助産院もりあね」を開設し現在に至る。いのちを育む女性に惹かれ自然分娩と向き合い、開設以来1000名を超える赤ちゃんの誕生に立ち会う。また、小学校を中心に子ども達に助産師として、いのちの大切さを伝える授業も行っている。元気に母子のお世話をすることを生き甲斐に日々を送る。趣味は特になし、仕事がないときはボーッとしている。ただ今、「断捨離」にて身辺整理し残りの人生をシンプルに生きたいと願っている・・・

原川 安喜子(担当:孫育て講座、中高年期女性の健康)


夫1人・子ども3人・孫無
看護師・助産師歴40年
趣味:世界共通語エスペラント(万年初心者)
子どもと遊ぶこと
ウィンドショッピング
 

 

 

小杉山 佳代子(担当:性教育クラス)

鹿児島大学医療技術短期大学 助産学専攻科卒業後
北里大学病院NICU ・都内救急病院勤務
所沢市新生児訪問・看護学校母性非常勤講師など。
平成22年より開業助産師としてもりあねを拠点に助産師活動。
89歳まで現役助産師でいた祖母を目標に、日々修行中です。
私自身1男1女の育児を苦戦中で、お母さん方と共感しあいながら
悩みなどを気軽に話し合って行ければと思っています。
趣味はゴルフ・・・だけど、今は「嵐」がエネルギーの素です。

 

 

 

 

坂東 美香(担当:パパママクラス 性教育クラス)

現在3人息子の母。助産師として助産院もりあねを中心にかわいい3男坊を背負いながら、妊婦さんやママ達の身近な存在を目指して活動中!!

 

 

 

 

 

 

 

大塚 恵子(担当:ベビーマッサージクラス/おさんぽクラス/助産院もりあねスタッフ)


助産院もりあねにて第一子、第二子を出産。何をやっても泣きやまない我が子にと始めたベビーマッサージ。それが今では、クラスを担当させていただいています。

 

 

 

 

 

 

 

 

北村 にれ (担当:お灸教室)

 1968年生まれ。
 

 国立病院に看護師として5年間勤務。

 その後、鍼灸指圧を学び、平成9年10月に「指圧・はり・きゅう にれの樹」

 を夫と開業。
  もりあねにて出産した二人の娘の母。